RSS | ATOM | SEARCH
ゆく年最後のお話
お寒うございます。

今日は弊社の仕事納めです。

新神様をお迎えする為に大掃除と最終の出荷、及び初荷の準備等、

あわただしい中にも毎年ホッとする一日です。

忘年会やクリスマスパーティー等で今月もたくさんお酒をいただきました。

クリスマスといえば、イエス様の誕生された日を祝う行事ですが、

ベツレヘムの片田舎にある馬小屋でお生まれになったイエス様を、

東方の三賢人がお供え物を持って祝福に駆けつけた話は有名です。

その時のお供え物に、もつ薬と乳香がありました。

中東からヨーロッパでは貴重な品でしたが、

一番大切な人に“香”をお供えするのは、西も東も同じ考えなのです。

仏教では仏様への供物はやはり沈香とされています。

旧約聖書の中にも沈香の話がでてくるそうです。

エデンの園で最も位の高い木が沈香で、素晴らしい芳香をエデンの園の中で

漂わせていたのです。

アダムとイブが禁断の木の実を食し、他の動物達と同じように生活していたのに、

恥ずかしさという感覚を感じるようになりました。

たちまち、自分たちが素裸である事に恥ずかしさを覚え、

木の陰に隠れていた所に沈香の木が手を差し伸べ、

自分の葉を与え身を包むことを手伝いました。

すると全能の神が怒り、沈香の木に罰を与えます。

それは、「沈香よお前はアダムとイブの罪を手伝った。故にお前も罪人である。

お前のその良い香りを奪い、生ある間はその香りを発する事はないであろう。

しかし、死んだ後お前が焼かれた時にだけ、その芳香を発するようにする。」

と言われ、沈香は燃やす事により、香りを発するようになったそうです。

悲しい話ですが、なぜか納得してしまいます。

あらたまの年を迎える中でも、良い香りを焚き、一年の無事を仏様や、

ご先祖様に感謝する素晴らしい文化が日本にはあります。

良い香りに包まれ、新しい年をお迎えください。

皆様の来る年が幸多き事をお祈りし、ゆく年最後のお話とします。

皆様どうぞ良いお年をお迎えください。
 
author:長川仁三郎商店, category:社長, 10:37
-, -, -