RSS | ATOM | SEARCH
香り模様
誰かを想ってイメージした香りを作る。
それが今の私の目標です。
 
香りは無限にありますし、人も1人1人違います。
もちろん感じ方も捉え方も違います。
その中で、いかに納得できて
いかに共感してもらえるものが作れるか
感性が問われます。
 
 
先日、会社の勉強会で
匂ひ袋の講師を任されました。
私が考えてきた調合をみんなで作るというもので
3つ考えてきた中から社長が1つ選び、
各自で作りました。
 
調合通り作った後、
違う原料を入れてみたり、足してみたり、
社長が選んだ調合と違う調合に興味を持っていただき
その調合を作ってみたり...
 
これこそ香りを「楽しむ」ことなんだなと実感しました。
 
香りは、たとえ同じ調合であっても
さじ加減や混ぜ方だったり、
作る人によって微妙に変わってきます。
 
私は「甘い香りになる」と言われます。
そこがまたおもしろいです。
 
 
土屋望

 
author:長川仁三郎商店, category:土屋, 11:04
-, -, -