RSS | ATOM | SEARCH
香木の門番

聞香で使う香木は“馬尾蚊足”。

それ位昔の香人達は少ない香木を大切に扱い、香木の香りを楽しんでいました。

近年、益々産出量が減少し、思うような品物が集めにくくなってきました。

特にベトナムからの品物は激減し、聞く所によりますと、

ベトナム沈香商達は、マレーシアからマレーシア産の沈香を仕入れ、

加工した後にベトナム産として販売している物が7割にも

達しているということです。

とても憂慮しなければならないことです。

幸い、私共の取引先ではそういう事はないのですが、

今まで以上に我が社の取り柄である検品力を高めていく必要があるなと、

肝に命じた次第です。

日本の香木の門番として、より一層鼻にかけてきばっていきます。

author:長川仁三郎商店, category:社長, 16:05
-, -, -